お申し込み前の確認

調査が可能な地域をご確認ください。

  1. 以下の画像をクリックすると拡大できます。
  2. 黄色部分が調査可能エリアです。
  3. 下関方面も調査可能ですが、エリアに制限があるので、初めてお申し込みをされる事業者様は、ご相談ください。
  4. 福津市、古賀市は当協会福岡支部の対応になる場合があります。

調査が可能な建物をご確認ください。

  1. ブロック基礎は診断不可です。(部分的にブロック基礎の場合はご相談ください。)
  2. 中2階が存在する建物、混構造は診断不可ですが、稀に調査可能なものもありますので、お電話にてご相談ください。
  3. 建てられた年代についても、以下にてご確認ください。

調査のお申し込み手順

1.必要書類を揃える

当協会で決められた、各種調査で必要な書類のPDFデータを揃えます。

2.チェックシートへ記入

チェックシートをダウンロードし、物件情報などを記入します。チェックシートはPCでも入力可能です。)

3.メールで送信

当協会北九州支部へメールで送っていただければ、お申し込み完了です。taishinkitakyu@gmail.com

1.必要書類を揃える

当協会で決められた、各種調査で必要な書類のPDFデータを揃えます。

基本的に必要な書類

どの調査でも必要となる書類です。

  1. 調査依頼チェックシート(ページ下部にてダウンロード可)
  2. 建物の謄本
  3. 建物表題登記図面
  4. 建築士作成の平面図(ない場合はご相談ください。)
  5. 現況間取り図
  6. ゼンリン地図(付近見取り図)
  7. RF前間取り図(※過去にRFがあった場合)
  8. RF後間取り図(※引き渡しまでにRFが生じる場合)

ご依頼内容別に追加で必要な書類

※ご依頼内容に該当するものをクリックしてください。

  1. 建築確認日の日付が確認できる書類の写し
    ※軽量鉄骨・RC・マンション一戸・プレハブ工法の場合に必要
    ※謄本記載の新築年月日が昭和56~59年の物件に限る。
    (物件が北九州市内であれば、北九州市役所13F「建築審査課」にて受領可能。※物件による)
  2. 建築士・住宅メーカーが製図した図面の写し又は、確認通知書の写し
    ※軽量鉄骨・RC・プレハブ工法の場合に必要
  1. 土地の謄本
  2. 準耐火構造物の確認が取れる認定書又は、火災保険証書
    ※軽量鉄骨造に限る

    (設計図書や確認通知書の書類と一緒にになってることが多いです。)
    ※無い場合は、売主様から建設メーカーに「構造確認依頼書」の取り寄せをして頂くことになります。
    (ダウンロードはこちら
  3. 建築確認日の日付が確認できる書類の写し
    ※軽量鉄骨造・RC・マンション一戸・プレハブ工法に限る
    ※謄本記載の新築年月日が昭和56~59年の物件に限る。
    (物件が北九州市内であれば、北九州市役所13F「建築審査課」にて受領可能。※物件による)
  4. 長期修繕計画 ※マンション一戸の場合
  5. 管理規約※マンション一戸の場合
  6. 鉄骨造の場合はご相談ください。
  1. 売買契約書(特約を含む全文の写し)
  2. 契約内容確認シート
    (当協会担当者が買主様へ直接、保険の重要事項説明を行い、記名押印頂きます。)
  3. 建築確認日の日付が確認できる書類の写し
    ※軽量鉄骨造・RC・マンション一戸・プレハブ工法に限る
    ※謄本記載の新築年月日が昭和56~59年の物件に限る。
    (物件が北九州市内であれば、北九州市役所13F「建築審査課」にて受領可能。※物件による)

2.チェックシートへ記入

チェックシートをダウンロードし、物件情報などを記入します。
(チェックシートはPCでも入力可能です。)

※ダウンロードボタンをクリックしてダウンロードをしてください。

3.メールで送信

ご用意できた書類(PDF)を、以下のメールアドレスに送っていただければ、お申し込み完了です。

※PDFはできるだけ1つにまとめてください。

(PDFを簡単に結合できるサイトはこちら

 

一般社団法人 木造住宅耐震普及協会 北九州支部

taishinkitakyu@gmail.com

※コピーしてご使用ください。